スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追憶の紋章 【18】 森の賢者 -06-

Category : 追憶の紋章【18】
ユイが唯一自分の事に関して覚えているのは、妹がいるという事だけ。
その妹を探し見つけださなければいけない…と彼女はよく言っていた。
でもやっぱりそれも時折忘れてしまうけれど。
ユイが正体が何者なのか、師はご存知だったのだろうか…。

「ノドカちゃん」
「…何?」
「いつもありがとうね」
「改まってどうしたのよ」
「うーん、今ちゃんと言っておかないと、また忘れちゃいそうだから」
「それもそうね」
それでも、彼女が何者でもあろうとも。
彼女とムギの願いなら、私は私の能力が許す範囲で全て聞くつもりだ。
それが永劫の時を生きる私たち三人の、最初で最後の誓い。

「…話こんでいたら、お茶が冷えたわね」
入れ直すわ、とユイに言って私はコップを取って立ち上がった。
部屋の隅にあるキッチンでお湯を沸かし継ぎ足す。
「ユイ、お菓子は…」
そう言いながらティーカップを持って後ろを振り返ってみると、そこにはもう誰もいなかった。
「落ち着きないんだから…」
私はふう、と一つ小さな溜息を吐くと近くのある椅子に座った。

きっともうすぐ彼女の過保護な助手さんが、ここにやってくるだろう。
ユイの計画性など欠片もない行動に、毎度振り回されているだろう助手さんに、美味しいお菓子と温かいお茶を用意してあげなくては。
後は急いで手紙を書いて送っておきましょうか…。

私はそう思いながら、彼女の為に入れなおした紅茶をゆっくりと味わった。
関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

Comment

非公開コメント

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。