スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追憶の紋章 【16】 過去との決別 -11-

Category : 追憶の紋章【16】
「陛下、貴方の愛する王子も」
「王子が、…どうした」
「幼いあの王子にまで、呪いを引き継がせたいのですか?」
「…」
王子の名を聞くと、険しい顔つきになっていた王が少し表情を緩ませた。

「そして王女もです。王家の女性たちは、常に石の管理を余儀なくされてきたのです」
ドラゴンの呪いを抑えるために。その為に体内に石を隠し持った王家の女性たち。
「それは王女たちの体に良い訳はありません」
石を体内に隠し持っていた女性は、実は常に魔力を放出している状態だ。
それが彼女たちの体に負担を掛けてしまう。

「師は祈りの乙女が徐々に減っていったのも、それが理由の一つだろうと推測されていました」
「…なんだと」
「陛下、強い意志で呪いを振り払ってください。百五十年前のカビが生えてもおかしくない呪いなんて、もう終わらせましょう」
そう言いながら、私は王の様子を見詰める。
右手で胸のあたりを抑える王の息は苦しそうだった。
石を前にして、陛下の内心ではいろんな葛藤が渦巻いているに違いない。

「そ、それは…だ、駄目、いや…しかし、石は…」
「陛下、しっかりしなされ!」
苦しそうな王に向かって、伯爵はあの正門前で上げたのと同じくらい大きな声でそう言った。
「何ですかその様は!貴方はそのような情けない姿をされるような方ではない!」
「は、伯よ、…師よ」
「…さあ、陛下」
百年以上も過ぎてから生まれ故郷に戻ってきた、神聖なる祈りの乙女にそれを…。
そう言う伯爵の手は、陛下の肩に優しく触れている。
しばらく部屋の中は沈黙に包まれた。

「………………そちに、そちに返す」
静寂を振り払うように王は苦しい息の中、振り絞るような声でとうとうそう言ってくれた。
「陛下…」
「…返す、返すわ!何だ、そんな物!真の王たる余に必要ないわ!」
陛下がそう言った途端、青い輝石は一度強い光を放つと、すぐにその光は消えていった。
陛下は先程までの気分の悪さが、嘘のように無くなったようで胸ももう抑えていなかった。

私は青い石をもう一度よく見直してみる。
魔力をあまり持たぬリッちゃんですら見えた黒い影。それはもう少しも見えなかった。
先程は強く輝いたこの「青い輝石」も、今はほんの少し青みがかった只の石のように見える。

今この時、ドラゴンの呪いは完全に解けたのだ。

To be continued…
関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

Comment

非公開コメント

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。