スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイハイ【Last】 - 05 -

Category : スカイハイ【Last】
「ちょ、ちょっと遅くなったかな。早くいかないと電車に間に合わないぞ、律」
恥ずかしいのを誤魔化すためか。どこかわざとらしく澪はそう言うと、私の手を引っ張ってまた歩き出そうとしたけれど、私は逆に澪の手を引っ張っり、強引に彼女を抱きよせた。
「みーおー!!!」
もうね、もうね…辛抱たまりませーん!

「きゃ!ちょ!り、律、何を!」
澪が叫び声を上げるのも無理はない。
なんせ道端で強引に抱きしめちゃってますから。
「澪、好き!愛してる!」
いや、わかってる、わかってますよ。今私たちがどこにいるのか。
それはわかってるんだけどー。
「澪はすごいよ、本当にすごい」
「な、何を言ってるんだ、てか、律、は、離せ!」
澪は当然抵抗するけど(そりゃそうだ)、私はお構いなしに彼女を抱きしめた。

だってそうだろ。私に羽があるなんて、飛んでいいんだ、なんて。
なんだよ、それ。そのファンタジー思考。ほんと、澪てば乙女!
でも、でもさ!
「さすが大卒、この文学少女!」
「はぁ?何言ってるだ!?」
とにかく離せー、と暴れる澪をさらに抱きしめる。

ごめん、澪。でも、嬉しいんだ。すごく嬉しい。
ただただ自分は根性のない、ちゃらいだけの情けない奴なんだ、てそう思ってたから。
ふわふわ浮いていてもいいんだ。地に足つけなくても、逆に飛んでいってもいいんだって。
そんな風に考えた事、一度だってなかったから。

それにたとえふわふわ飛んでいったとしてもさ。
「澪が待っててくれるだろう」
ほんの少し、彼女を抱きしめる腕の力を緩めて、私は囁くようにそう聞いてみる。
澪は一旦ジタバタと暴れるのを止めたかと思うと、また私から視線を逸らした。
「…さっきもそう言ったろ」
照れているのか、彼女の頬がまた少し紅くなる。
「ありがとう、澪」

ありがとう、ありがとう。

この心からの感謝の気持ちをどう伝えたらいいだろう。
うん、それはやっぱり、あれだな。

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

Comment

非公開コメント

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。