スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイハイ【14】 - 01 -

Category : スカイハイ【14】
あれ、これは夢?私、まだ寝惚けてるの?

「ちょっと律ちゃん、大丈夫?」
さわちゃんがやや呆れ気味に私の側へと近付いてくる。
それを手で制しながら、「だ、大丈夫」と言って私はなんとか立ちあがった。
「もう、気をつけてよ。…あ、秋山さん。今、盛大に転んだ子がバンドのリーダーの田井中律さんね。それと…」
さわちゃんがいかにも新人さんにスタッフを紹介する、といった感じで次々とメンバーの名前を彼女に教えていく。

「皆さん、至らぬ処もあると思いますが、頑張りますのでよろしくお願いします」
礼儀正しく、彼女はそう言うと再度頭を下げた。
頬をつねってみる。痛い、やっぱ起きてるよな、私。
今、私の目の前に居るのは、いや、ほんとありえないはずなんだけど。えぇー?

「こちらこそ、よろしくお願いします」
ムギがいかにもお嬢様らしい、品の良い雰囲気を醸し出しながら同じように頭を下げた。
「よろしくお願いします。あの、多分うちのリーダーや、リードギターがきっと、いえ必ずご迷惑おかけして苦労されると思いますけど。どうかめげずに頑張って下さいね」
私もフォローしますので、梓は軽く笑いながらそう言った。
おい、どういう意味だよ。

「よろしくー!…て、いうか、あのー、もしかして貴女は…」
「さわちゃん!」
唯が何か言おうとする前に、私は慌ててそれを止めるかのように声を上げた。
「な、なに?」
「そこの新人さんとちょっと二人だけで話をしたいんだけど、少し時間もらえるかな」
「は?」
唐突な私の申し出に、さわちゃんだけでなくムギや梓も困惑した表情を見せた。
只一人、唯だけはなんとなく納得した表情を見せている。

「少しだけでいいから、お願い」と手を合わせる私。
「なんの話ですか?何かバンドの事なら今、ここですればいいんじゃないですか?」
梓が不思議そうな顔をしながらそう聞いてきた。
「バンドの今後のために、とても大事な話なんだ」
嘘ではない。少なくとも私個人にとっては。
話の内容如何によっては、今後のバンド活動に大きな影響がですねぇ。
てゆうかいうか、もう、なんていうかさ。
なんで澪がここにいんだよ!?新入社員、て一体どゆこと!?

「さわちゃん、お願い」
頭の中ではひたすら困惑している私の横から、唯が助け船を出してくれた。
「…まあ、いいけど。でも、打ち合わせあるから少しだけよ」
「ありがと、さわちゃん!じゃ…」
全部聞き終わる前に、私は彼女の、澪の手を取った。
「え!?あ、あの…」
「いいから、ちょっと来てよ」
急な事に少し慌てた様子を見せる彼女を気にも留めず、私は引っ張るようにして二人して部屋を出て行った。

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

Comment

非公開コメント

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。