スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイハイ【12】 - 12 -

Category : スカイハイ【12】
今にも雨が振りそうな曇り空のせいか。
休日の昼間だというのに子供の姿が一人も見えない公園内で、私は一人笑い続けた。
笑い過ぎで涙が出てきても、私は笑うのを止められなかった。

「自惚れもイイトコだぞ、田井中律」
笑いすぎて息が苦しくなってきた私は、なんとか息を整えながら自分自身の馬鹿さ加減に呆れるようにそう言い放った。私はもうとっくにフラれてたんだなぁ、なんて。
今更気づいた鈍すぎる自分にまた笑いが込み上げてくる。

「あはは、あー、おかし」
まったくおかしい、笑える、本当に笑えるのに…なんで泣いてるんだよ、私は。
笑いながら、でもポロポロと零れ落ちるように出てくる涙を不思議に思っていた。
タイミングいいというべきか、ポロポロ零れる涙と合わせたかのように、ポツリ、ポツリと雨も降ってきた。空模様からして時間の問題だとは思っていたけど、なんだか出来過ぎだね。

最初は弱かった雨も、段々雨足が強くなってくる。
ポツリ、ポツリから、ザーという雨音に変わっても、私はそのままブランコに座ったままだった。
雨に濡れた髪がしっとりと私の頬に水滴を垂らす。

しばらく雨に打たれるまま、微動だにしなかった私は、おもむろにポケットにいれておいた携帯を取り出した。携帯の黒いボディに水滴が落ちるのを見ながら、私は機械的にボタンを押していく。
耳元に当ててしばらく待っていると、向こうで「もしもし」という声が聞こえてきた。
「唯」

- りっちゃん?
「待たせて本当にごめん」
皆を待たせた事に、私は本当に唯だけではなく、梓やムギにも申し訳ないと思っていた。

- 決めたの?
「うん」

- どうするの、りっちゃん。
それはいつもの能天気な唯には珍しい、どこか恐る恐るといった声色だった。
「行くよ」

- え?
「行くよ、東京。皆で行こう」

- りっちゃん…。
「いろいろあったけど、決めたよ」

- 本当にいいの?
「いいも悪いも、もう決めたんだよ」
そうもういいんだ。もういい。

もうこの街には何も未練はないから…。

そう言った私に、唯は何も言わなかった。
冷たい雨が、なぜか今の私には心地よかった。


To be continued…


関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

Comment

非公開コメント

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。