スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイハイ【11】 - 09 -

Category : スカイハイ【11】
「私も好きだ。大好きだよ、澪」
そう言って私はまた彼女にキスをした。

それは彼女に愛してるを伝える為の、長くて深いキス…。

***

目が覚めると、隣りには誰もいなかった。

「澪…?」
寝ぼけた頭で彼女の名前を呼んでみたが、返答はなかった。
私はベッドを抜け出し、適当に放り投げていた服を着るとカーテンを開いた。
眩しい光に目を細めながら、私はもう一度愛しい彼女の名を呼ぶ。

「トイレかな?」
さほど広くもない1DKのこの部屋を私は軽く見渡したが、人の気配は無い。
彼女は居なかった。帰った?まさかなぁ…。
そう思いながらも、今日は予定は無いと澪が言っていた事を思い出す。

時計を見ると七時を過ぎたばかりだ。こんな早い時間に帰ったりしないだろうし…。
そこまで思ってから、不意に嫌な予感が胸をサッとよぎった。
なにがどう不安なのかはわからないが、妙に落ち着かない。

私は改めて部屋をもう一度見渡すと、テーブルの上にある雑誌が目に入った。
その雑誌の下にメモらしき紙が一枚。
私はすぐに手を伸ばし、紙をひったくるように取り上げる。
書いてある字を見てすぐにわかった。これは澪が書いた字だ、と。
メモに書いてあった内容はたった一行。

ドラムの前にいる律が一番好き。

それだけ。たったそれだけが書いてあった。
でもその短い文章が、私の心に重く重くのしかかってくる。

私はメモを何度も読み直してみた。
この短いメッセージの中に込められた、彼女の気持ちを深く刻みこむように。
澪は、彼女はどういう気持ちでこれを書いて、この部屋を出て行ったのだろう。

「澪…」
メモを握りしめながら、私はしばらく呆然と立ちつくした。


…そしてその日からまた、彼女と連絡が取れなくなった。


To be continued…

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

Comment

非公開コメント

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。