スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイハイ【11】 - 02 -

Category : スカイハイ【11】
「ありがとう、唯」
「え、何が?」
「時間を与えてくれて」
唯の言う通り、私は澪に全部話をしてなくちゃいけない。
なんにしてもそれからだ、決断するのは。ああ、でも…。

「りっちゃん?」
「え?…ああ、大丈夫。大丈夫だから」
一瞬顔をしかめた私に唯は気付いたのだろう。少し心配そうに私の顔を覗き込んでくる。
「無理はしないでね」
「うん、大丈夫だから」
何がどう大丈夫なのか、自分でもさっぱりわからなかったけれど。

「さてさて。とりあえず今は梓の機嫌を直すことに全力を傾けましょうか」
「はー、あずにゃん、まだ怒ってるかなぁ」
「梓はそんなに物わかりの悪い子じゃないよ。ほれ、行こ」
そう言って唯を促すと、私は地下鉄に続く階段を二人して降りて行った。

***

「デビュー…」
私の話を全て聞き終えた澪は、少し眼を丸くしたかと思うとポツリとそう呟いた。
「す、すごいよ、律」
「え」
「すごいじゃないか、律!デビュー出来るなんて、すごいよ」
少し興奮した様子で澪はそう言うと、両手で私の肩を持って揺らしてくる。

「律の夢が叶ったんだよ。良かったね!」
私の夢?…ああ、そう言えば以前そう言ったっけ。
あはは、まあ本当はプロになりたいなぁーとかなんとか言った。
それは嘘じゃないけど、100%本心でもなかった。
ただ就職とかするのは面倒くさいな、なんて適当な気分もあった。
…あの時は。

「それで皆との話し合いはすんだの?いつデビューするの?」
無邪気にはしゃぎながらそう聞いてくる澪に、私は何となく苦笑してしまう。
「まだ決まってないし、皆との話し合いも済んでないよ」
「え?でも、早くしないと」
返答は来週末まで。今日は土曜日。まだ時間はある。

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

Comment

非公開コメント

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。