スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイハイ【9】 - 07 -

Category : スカイハイ【9】
「とりあえず、私は一度様子見だからな。そこんとこ忘れないでくれ」
一応三人にはそう言っておきながらも、私は内心気付いていた。
何かわからない、しいて例えるなら大きな期待や高揚感と言ったところだろうか。
それが自分の体の内側から湧きおこるのを、もう止められないようになっている事に。

***

それから私たち四人は、二度ステージに立って演奏をした。
一度だけと言った私の決意空しく、再度ライブを決行した訳ですが。
そのたった二度のライブが、私たちのバンドに大きな転機をもたらした。

二度目のライブが終了した後、黒いサングラスをつけた男性が私たちに声を掛けてきた。
「バンドのリーダーは誰?」
いきなりそう聞かれて、私たちは戸惑った。
リーダーが誰か、なんて別に考えていなかったからだ。
僅かな時間での話し合いの結果、とりあえず私がリーダーとなってしまった。
単純に高校時代、私が軽音部の部長をしていたからというだけの理由だ。

「あー、一応私です」
「そう。ちょっと聞きたい事があるんだけど」
そう言った目の前の男性は、それから矢継ぎ早に私に質問の矢を飛ばしてきた。

今のメンバーで結成してからどれくらい?
ベースはいないの?
オリジナルの曲はどれくらいあるの?…等々。

急な質問責めに私はちょっとたじろぎながらもなんとか全て答えると、その人は少しだけ何か考え込むように片手で顎鬚をしきりに触っていた。

「OK、大体わかったよ。ところで君たち今度うちで演奏してみないかい?」
そう言って私たちの前に出した名刺を見て、私は思わず「あっ」と声を上げた。
他の皆は声はださなかったものの、私と同様に驚いた表情を浮かべる。
その名刺には、ここらへんでは有名なライブハウスの名前が書かれていたからだ。

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

Comment

非公開コメント

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。