スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイハイ【7】 - 03 -

Category : スカイハイ【7】
澪のご両親は娘だけじゃなく、現在入り浸っている(なんかさっきから嫌な表現だな、これ)友人の素行も、探偵に調べさせたのだとか。友人の素行…て、つまり私の事だよね。

「え、と。それで私の素行においてですが、その、どんなご報告が…」
そう澪に聞きながらも、本音ではなんか聞くのが怖い。
「…」
「あー、澪しゃん?」
「律」
「は、はい」
なんか急に真面目な顔をする澪。ちょっと怖いです…。
「律って…たらしさんなのか?」
「なぁー!!」
た、たらしって。そんな、澪しゃん。
私は思わず胸に手を当てて、じっと考えてみた。

確かにたらしだったのかと聞かれれば、たらしじゃないとは言い切れないような。
いや、でも、そんな。一応互いの合意の上だし、て何を考えいるか、私!
あー、こんなんだから素行調査とやらの結果は、けっして澪の両親の耳に入っていい内容ではない事は確かだろうな、うん。ところで澪はどこまで知ってるのかな?
ま、まさか。この間の昔ちょっとイイ仲になった…いや、とにかく知り合いの女の子に迫られた事とかも知られてたりなんかして。オーマイガー!

「な、なんで、そんな」
「お父さんたち、律の事も調べたみたいで。それでその調査内容が、その…とにかくなんだかあまりいい印象持たれなかったみたいで」
「そ、そうか。…そうだろうなぁ」
「え?やっぱり律ってたらしさんなの?」
「いやいや、そこじゃなくて!」
ほ、ほら、私ってバカだしさ。勉強もせずにライブばっかしてるし、その、なんと言いますかー。
思わず素直に肯定しそうになり、慌ててすぐに否定する私。
ああー、さっきも思ったけど、これは今までちゃらんぽらんな生活をしていたツケでしょうか?

「…とにかくお父さんたちが律の事よくも知らないのに、その調査結果みたいなのをたてに悪く言うからつい、その」
「喧嘩したの?」
「喧嘩、というか…」
澪はひどく歯切れ悪そうに「喧嘩」という言葉を口にした。
「私、今までお父さんやお母さんに、口答えとかした事ほとんどなかったから…」
澪は今までほとんど何を決めるにしても、自分の意思より両親の希望の方を優先してきたそうだ。
高校も大学も。最終的には両親が勧めた方へと進学を決めた。

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

Comment

非公開コメント

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。