スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイハイ【6】 - 05 -

Category : スカイハイ【6】
「でも今は行く気になれないんだ」
それは本当の気持だった。少なくとも澪と、彼女と連絡が一度でも取れない限りは。

「でもここで待っていて、それで何か進展あるの?」
「…ない、かもしれない」
「さっきは聞かない、て言ったけど。りっちゃんがひきこもっちゃった原因て、あの子がそうなの?」
「だからひきこもってないって」
「そう。で、あの子が原因?」
「…別に澪のせいじゃない」
ふーん、と言った唯の言葉には、私の言った事をまるで信じていないのがありありとわかった。

「もしかして…フラれたの?」
「フ、フラレてない!」
聞かないって言ったくせに。結構ずばりと聞いてくるじゃないか、唯!
てかもしかして、やっぱり私、ふ、ふ…。
「遊び人のりっちゃんも、とうとう年貢の終しまい時」
「納め時だよ、それを言うなら。てか今使う例えじゃないぞ、それ」
まったく。いつもの天然のなせる業か、はたまた本当にわかっていないのか。

「とにかく元気だしてよ、りっちゃん。こんなうじうじしてるなんて、りっちゃんらしくないよ」
「うじうじしてて悪かったな」
「和ちゃんにもお願いしてるんでしょう。何かあったらすぐに連絡してくれるよ」
「それはそうかもしれないけど…」
やっぱり唯は彼女から話を聞いていたのか。

「それに前に約束したでしょ、りっちゃん」
「え?何だっけ?」
「もー、梓ちゃんとのセッションの事」
「え、あー、そうだったな」
そう言えば前に唯に紹介してもらったあの子と、今度三人でセッションしようて話したっけ。
あの時はまだ澪からこんなに連絡が来なくなるとは思わなかった時だったから、気軽にそう約束したっけ。でも今はとてもそんな気分じゃ…。

「そうだよ。だからさ、りっちゃん。いつまでも家でうじうじしてたってしょうがないでしょ」
ここはバンドマン、んん?えーとバンドウーマンかな?
とにかくセッションでもやって、ぱっと気分を晴らそうよー。
そう言いながら、唯は私の腕を取ったかと思うとぶんぶん体を揺らしてくる。

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

Comment

非公開コメント

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。