スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイハイ【5】 - 10 -

Category : スカイハイ【5】
深夜三時を過ぎた頃、私はようやく住んでいるマンションに戻ってこれた。

疲れた体に鞭売って、恐る恐るの態で部屋の鍵を開けて中に入る。
ああ、きっと仕事で飲んでて夜遅くに家に帰って来た旦那の気持ちって、こんなものなんだろうな…なんて思いながら。

もう寝ているだろうと思い、なるべく音を立てないように入った部屋は真っ暗だった。
部屋に電気がついてない事に気付いた私は、珍しいなと内心で呟いた。
澪は怖がりだから、私の帰りが遅い日など部屋に一人で居る時は、眠る際にも電気はつけたままにしている事が多かった。いつもつけっぱなしで申し訳ないと、私に電気代の一部を払おうとしたくらいだ。

「…澪?」
暗闇の中、電気のスイッチをつけながら私は彼女の名前を呼んだが、返答はない。
「おかしいな、今日は来るって言ってはずだけど…」
大学が終わった後、少し残ってレポートを書いてからここに来ると昨日は言っていた。
私はバイトの後ですぐにライブに参加したから、朝出てから部屋には今まで戻っていなかった。

何か用事でも出来て家に戻ったのだろうか。だったら伝言か何かあるはずだ。
そう思い携帯を見てみるが、彼女からメールは来ていなかった。
部屋にもメモのようなものは残されていない。

理由はよくはわからないが、彼女は今日は来ていないようだ。
そう考えた私は、とりあえず私の方から彼女にメールを送った。
時間が時間だし、今日はもう返信はないだろう。
そう思った私は二時間以上も歩いた疲れが部屋に入った途端どっと出て、ベッドに倒れるように潜り込んだかと思うとそのまま眠ってしまった。

その日から澪とまったく連絡が取れなくなるなんて、私はその時思ってもいなかった。

To be continued…

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

Comment

非公開コメント

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。