スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイハイ【4】 - 10 -

Category : スカイハイ【4】
「わ、私も、その…好きだし」
「へ?」
「だ、だからー」
私も前からずっと好きだったんだ!
ちょっぽりやけっぱち気味にそう言った澪の顔は、さっきの比じゃないくらい真っ赤になっていた。

「え!?あれ、そそそそ、そうなの!?」
「…そうだよ、バカ律」
「えー!!」
顔を俯かせながらそう言う澪の耳は、頬と同じくらい紅い。
驚愕の事実に私は一瞬呆けてしまったが、澪の照れる様子を見ているとまたしても脳内でたくさんの天使様たちが、光と共に花を撒き散らしているイメージが浮かびあがってきた。
ハ、ハレルヤ!?

「澪ー!」
もうどうにも我慢できなくて、私は笑顔満面で澪に覆いかぶさった。
「ちょ、律!?、ちょ、ちょっと待った!バカ、い、いきなり…」
「もう無理、無理です!」
「何が無理なんだよ、きゃ!バカ、いきなり何を…」

いやいやいや、澪しゃん。
そんな長年?のお互いの気持ちがわかったからって、すぐにそんな変なことなんてしません。
もちろん我慢します、はい。あ、でもでもでもですね…。

「その…キスくらいは駄目ですか?」
必死に理性を取り戻そうとする私は、内心でぶつぶつとそう呟きながらも、とりあえずこれだけは…と聞いてみた。私の下に居る澪は一瞬目をぱちくりさせた後、ちょっと狼狽したように目を左右に動かしたけれど。

「…いいよ」
ますます顔を真っ赤にしながらも、ポツリと呟くようにそう言った。
澪から了解を得た私は、大喜びで彼女の唇にそっと自分のそれをあわせた。

澪の柔らかい唇を味わいながら、私は内心強く決意していた。
今までの事は心から反省しよう。そしてもう絶対ナンパな真似はしない。
他の女の子から誘われても断固断るぞ!…と。

「律…」
「澪、好き、大好きだ」
彼女を抱きしめながら、飽きずに何度も「好き」を連発する私。
そう、私はこれからは、いや、昔も今も澪一筋!
それにしても結構昔からそうだったのに、なんでこんな回り道を…とか思ったりしたけれど。
「私も、…好き」
かぼそい声ながらそう言ってくれる澪を見て、まあ終わったことはどうでもいいかとか思う能天気な私だった。

その日から、私と澪は恋人同士になったわけです。ハレルヤー!

To be continued…

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

Comment

非公開コメント

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。