スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイハイ【2】 - 03 -

Category : スカイハイ【2】
己の不覚を責める私の頭の中では、この間見た夢がなぜかリアルに再生されていく。
結局何も言えなかったあの日。卒業証書を放り投げた時の、あの澄んだ青い空。
…て、今は過去をリアルに再現して後悔してる場合じゃないぞ。

「唯!」
「は、はい」
「その子、どこに居る」
「え、いや、だから今から会いに…」
「紹介してくて下さい!」
「へ?」
両手で唯の肩に手をかけ勢いよく前後に振る私。
「ふぁああ、り、りっちゃん」
「は、話がしたいんだ、その子と!」
「と、とにかく、離して~」
唯の声に正気に戻った私はぱっと両手を唯から離した。お、落ち着け、私。

「はあ、驚いた~。りっちゃん、和ちゃんと話したいの?」
私の手から解放された唯が、息を整えながらそう聞いてきた。
「和?ああ、その子の名前か。そう、ちょっと聞きたいことがあるんだ」
勢いこんでそう言う私に、唯の目が少しだけ疑わしそうに私を見ている。

「な、なんだよ」
「りっちゃん、まさか私の幼馴染をナンパ?」
「はあ!?」
そんな気まったくありません!何、誤解してんだ。
「本当に~?」

りっちゃん、最近「たらし」さんだからねえ。

きっぱり否定する私に、唯がまだ疑いの眼差しを私に向けてくる。

「た、たらしって…。何の事だよ?」
「だって~、この前だってさ。ファンだって言って私たちと一緒に飲んでた子と、なんかえらく仲良くなってたじゃん」
そんでその後二人して、りっちゃんの家に泊まったんでしょ。
唯はちょっとだけ意地悪そうな笑みを浮かべながら、そう聞いてきた。
「う」
な、なんでそれ知ってんの、唯?

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

Comment

非公開コメント

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。