スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Y・O・Iパロ」SS第四弾「Winter Llie」05

Category : 【4】Winter Llie
夏休みにあった事は律から聞いている。
皆の家で夜遅くまで、時にはオールナイトで遊んでいた事。
後輩の女の子を守るために、男の子と喧嘩をして怪我をした事。

夏休みが終わる少し前。
私は一度その事で、嘘を吐いてごまかそうとした律と喧嘩なった。
だけどすぐに律が謝りに来て、ちゃんと全部話してくれた。
それで一応その事は解決していた。でも…。

律が男の子に告白されていた。

それは聞いていなかった。
もちろん律が私になんでもかんでも話をしなくてはいけない、なんて決まりなどないけれど。
それは夏に律と喧嘩しそうになった件とは、全然別問題だ。
別にその事を話さなかったからといって、何がどう悪いという訳じゃないし。
音楽室に向かう階段を登りながら、私はそう理解していた。
でも頭で理解できても、心のどこかはまったく納得していなかった。

「澪ちゃん…」
無言で浮かない顔をする私にムギが心配したように声を掛けてくれた。
「ん?な、何、ムギ?」
「いえ…」
ムギの気遣いに申し訳ないとは思うのだけど、今は何を話していいのかわからなかった。

ムギと二人で部室に入ると、すでに梓が来ていた。
「こんにちわ、ムギ先輩、澪先輩」
「こんにちわ。梓ちゃん」
「澪先輩?」
考え事をしていた私は、部で唯一の後輩に挨拶を返すのも忘れて無言になっていた。
そんな私に梓が不思議そうに声を掛けてきたけれど、今は何も答えることができない。
ああ、これはちょっと無理だ…。

「…ごめん、ムギ、梓。今日はなんだか体調が悪いから帰る」
「え?」
「澪先輩?」
二人の声に何も答えず、私はソファに置いてあった鞄を肩に掛け、そのまま音楽室のドアを開けて部屋を出て行った。

あ、エリザベス…。
部室にベースを置いてきてしまった事に気付いたのは、学校を出る直前。
だけど私は結局取りに戻そうとはせず、そのまま門をくぐってしまった。

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

Comment

非公開コメント

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。