スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Y・O・Iパロ」SS第二弾「異邦人」03

Category : 【2】異邦人
「う、うぅ…」
「え?」
今度は空耳とは言えない程、はっきりと人の声がした。それもどこか苦しそうな声。
私は慌てて声が聞こえた方へと駆け寄る。すると横倒しになった宇宙船からほんの少し離れた場所に、うつぶせになって倒れている「人間」を見つけた。

「だ、大丈夫ですか!?」
草むらの上に倒れていたその「人間」に急いで私は駆け寄った。
倒れていたその「人間」を見て、私はまた小さな声を上げた。
「あれ、…女の子?」
宇宙船近くで倒れていたから、間違いなく操縦者の一人だろう。

そう思いながら倒れている彼女の側でひざまづいた私は、私と年があまり変わらない感じの女の子であることに内心少し驚いていた。昨今女性パイロットも結構増えたとはいえ、やっぱり宇宙船のパイロットは男性陣が多い。それに年齢もまだ若い。
そうは思いつつも、今はそんな事を考えている場合ではないだろう。

「しっかりして、大丈夫?」
頬や腕の周りには倒れた際についた泥がついて汚れていたが、どこかに大きな怪我をしているといった様子はなかった。ただ声を掛けても気付かないのは、宇宙船から脱出した際にどこかに頭をぶつけたかして、軽い脳震盪を起こしているのかもしれない。

彼女の様子を注意深くみながら、私は軽く首を左右に回した。
周囲には彼女の他に誰もいないようだ。
彼女が一人で小型とはいえ宇宙船を操縦し、何らかの理由でここに落ちてしまったのだろう。
それにしてもどうしてこんな辺境の星に…。

「とにかくこのままじゃまずいよね」
一人そう呟いた私は、常にエアバイクの中に入れている医療機器を取り出し、急いで彼女の体調を調べてみた。その結果、どうやら今の処は動かしても大丈夫みたいだと判断する。
私は彼女を苦労して持ち上げてエアバイクの後部に乗せると、ゆっくりとしたスピードでそこから離れ自宅へと戻った。


これが私と律…田井中律との、最初の出会い。

関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

Comment

非公開コメント

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。