スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいなづけ -03- 大学生 秋山澪の場合【Last3】

Category : SS( いいなづけ 【Last-3】 )
「梓に見せてあげたいなあ」
「何をですか?」
「寮に居るときの唯。梓のメールの返信がちょっと遅れただけですぐに私たちに泣きついてくるんだから」
あずにゃんからまだ返信来ないよ~、て。

「…はぁ」
「他にもちょっと何かあったらすぐにもうあずにゃん、私に飽きたんだーとか、もう別れようと思ってるだーとかさ」
最近じゃもう、皆そんな唯の行動にほとんど反応しなくなってきてるくらい。
「律はああそうかもなー、とかすっごい投げやりに返事してるし、ムギなんかうふふて笑うだけ」
「…」
私自身も「唯、静かにしろー」て雑誌から目を話さず、おざなり言うのが癖になってきたし。

「だから梓、そんな心配するだけ無駄」
「そうですか…」
私の話を聞いた梓は嬉しそうではあったけど、口元はちょっと微妙に引きつっているような。
恋人の行動に嬉しく思いつつも、多少恥ずかしいと思っているのだろうか…。
ま、無理もない。

「な、だからそんな事考えなくて…」
「じゃあ、唯先輩なんで何もしてこないんでしょうか…」
「…………え」
は、話が戻った!?
「この間だって。先輩うちに泊まりに来てくれたんですけど。唯先輩、…すぐに寝ちゃって」
「は、はぁ」
「なんかちょっとそれはそれで、なんというか拍子抜けしたというか…」
「はぁ…」
だいぶ引いていた顔の熱が、また再び戻ってくるような気がする。
梓、やっぱり積極的というか…。いつのまにそんなアグレッシブな子に。
いや、前からそうだったのかな?

「いや、それはさっきも言った通り今の梓は大変な時期だから」
うん、そうだよ。
新しい軽音部の部長として、これからもすることは山積みだし。
それに学園祭も終われば、次は受験が待ってるしさ。
私も律も受験前の数ヶ月は、お互い勉強に集中するために学校以外では会わないようにしてたくらいだもの。唯も梓の事を思って今は自重をしてるんだろう。
てか、そうなんだよね、唯!

「そうですかね」
「そう、絶対、そう!」
だよね、唯。私は信じてるよ!
関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

Comment

非公開コメント

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。