スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいなづけ -08- 大学生 秋山澪の場合【Last2】

Category : SS( いいなづけ 【Last-2】 )
「…あ、梓だって唯とラブラブなんだろう!」
そうだ、梓だって。
私ばかりからかわれるのは癪だとばかりに、反撃に出てみる。

「え?」
「付き合ってすぐに二人だけで、お、温泉行ったりしてるじゃないか」
そう。唯と梓は卒業前に、梓が唯に告白して見事それが成就して。
晴れて二人が恋人同士になった事を、私は唯本人から聞いていた。
「お付き合いがスタートしたばかりなのにさ」
唯の卒業後、私たちと同じように二人きりで旅行に行った事も、もちろん知っている。
偶然だけど同じ日に、私も律と二人で温泉に行ったんだけどね。

私はまあ半分照れ隠しのつもりで、そう梓に言ってんだけど。
なぜか梓は「温泉」と私が言った瞬間、ジュースが入った紙コップをを持つ手に力を込めたのか、ベコッとコップのがへこむ音がした。そしてそのまま顔を俯かせたかと思うと、何やらブツブツと呟き始めた。

「…あれ、おい、梓?」
梓の様子が急におかしくなったので、私は少し焦りながら彼女に話かけてみる。
「だか……でも…ブツブツ」
あ、梓?ちょっと、戻ってこーい。
梓は私の視線に気づいて、ハッとした様子で顔を上げた。

「あ、す、すいません」
「い、いや、別にいいんだけど…」
頭を下げる梓に気にするな、という意味で軽く手を振る私。
二人して気を取り直すように、ストローを口にくわえ一旦ジュースを飲む。
梓はストローを口元から離すと、「はぁ」と一つ深い溜息を吐いた。

「…梓、唯と何かあった?」
「へ!?い、いえ何もありません、てゆうか何もなさすぎで…」
「は?」
口元に手を当てて、何か考え込む梓。
「梓、なんか悩み事があるなら、私で良ければ話を聞くよ」
あ、もちろん唯には内緒にしておくから、と付け足しておく。

「悩みというか・・・」
「唯と喧嘩した、とかじゃなさそうだけど」
まあ、そんな事になってたらきっとすぐにわかるはずだ。
寮で唯が大騒ぎするに違いないから、「あずにゃんと喧嘩しちゃったー」て泣きながら叫ぶに違いない。
関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

Comment

非公開コメント

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。