スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揺れる図形 - 10 -

Category : SS( 揺れる図形 )
「悪かったな」
俺は一応そう言っておく。借りは作りたくねえしな。
「構わないけど、今後は提出期限を守ってくれよ」
「わーてるよ、ほら、もうそれでいいだろ」
「ああ。お邪魔したね。じゃあ、唯。練習頑張れよ」
「ありがと、和君」
唯に軽く手を振って部室を出ようとした眼鏡野郎は、不意に体を翻して彼女の前に来た。
な、なんだ?

「そう言えば秋山さんが前に読んでみたいと言ってた本、今日持ってきてたんだけど」
は?本が何だって?
「え?そうなんだ。ありがとう、真鍋君」
「良ければ今から取ってくるよ。鞄、生徒会室に置いてるから、ちょっと待っててくれない?」
あー、何言ってんだ、てめ。彼女はこれから俺と歌詞の打ち合わせを…。

「ねえ、律」
二人を見ていた俺の横から、いちごが声を掛けてきた。
「へ?…あ、なんだよ」
「私、今日は部活もう終わったんだけど」
「はぁ…」
「今日はちょっと疲れちゃったのか、なんだか甘いものでも食べたい気分なのよね」
だからさっそくさっきのアイス、買ってもらえると嬉しいんだけど。
ほとんど無表情のままに、急にそんな事を言い出すクラスメイト女子。

「は、はぁ?そんなの今度でいいだろ」
「あ、そう言ってうやむやにしようとしてるでしょ」
「ちげーよ。とにかく今日はまだ部活が」
「いいじゃない、一日くらい。それにいっつも練習サボってだらだらしてるの知ってるわよ、私」
「い、いつもって訳じゃねーよ」
「でも時々はさぼってるて訳ね、その言い方は」
「いや、そうじゃなくて」
「別にいいじゃない、律。さっきのあれ、提出してなかったら軽音部の予算も悲惨な目に合うはずだったかもなのに」
「いや、それはもしかしてそうだったかもしれないけど…」
なんだよ、いちごの奴。今日は妙に押しが強いつーか。

「とにかく今日は「真鍋君」」
また話の途中で遮られる。なんか今日はそういう日なんだろうか。
関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

Comment

非公開コメント

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。