スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアンチョコレート【後編】 -06-

Category : SS( ロシアンチョコレート 【後編】 )
私は律がチョコを受け取るたびに、不安になったり悲しくなったりしてたのに。
「でも律は全然そんな風に思ってくれてないのかなあ…て、そう思ってたんだ」
それでいつもなんとなく腹が立ってたというか。
そう言って澪は少し笑った。

「み、澪」
「でも律も同じ気持ちだってわかって、今はすごく嬉しいよ」
「…当たり前だろ」
言わなくても、ある程度はわかってると思ってた。
でもそれは私の怠慢ってやつだね。

「中学二年のバレンタインで、澪は先輩と同級生あわせて三人の男から告白されてただろ」
「え。ああ、まあ。…知ってたんだ、律」
「当然」
中学入学当初の頃は、告白されるたびに私に「ついてきてー」とお願いしてきた澪だけど。
私と一緒に告白を断る練習などした成果が出たのか。
澪もこの頃には何とか一人で断れるようになっていた。

「澪は隠したつもりだったんだろうけど、私は後でそれ知ってすごく嫌な気分になった」
「…ご、ごめん」
「小学生の時だって」
「あ、も、もういいから。ごめん、律」
澪が困ったような顔をしながら、私の口に自分の手を当ててくる。
「とにかく、私だってそれなりに不安なんです」
私は澪の手から逃れながら、とりあえずそれだけは言っておかねばとばかりにそう言った。

「それなり?」
「すごく!…だよ」
うう、言ってて恥ずかしい。
「律、耳まで真っ赤だよ」
「誰のせいだよ!」
「あはは。ごめん、律」
「まあ、もういいけどさ」
「とにかくそう思ってくれてたんなら、私は嬉しいよ」
澪はそう言うと、後ろから私の頬に軽く唇を触れあわせた。

「み、澪!?」
いつもは人一倍恥ずかしがり屋な許婚の思いもよらぬ行動に、私は慌てて振り返った。
「バレンタインデー、キッス♪…なんてね」
おどけるように歌いながらそう言った澪の顔も、人の事言えないくらい真っ赤になっていた。
「あ、えーと。じゃ、じゃあ、私もお返しに…」
「え!?い、いい。し、しなくていいから!」
「まあまあ、澪しゃん。ちょっとだけ、ちょっとだけ」
そう言いながら、私はすぐ後ろにいた澪にぐいぐいと迫っていく。
ホワイトデーのお返しには一ヶ月も早いけど。そんなの大した事ないよね!
関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

Comment

非公開コメント

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。