スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記+小ネタ

Category : 更新記録/日記
最近忙しくなって、更新できませんでした。ヤレヤレデス
しかしその忙しい合間にも、娯楽は欠かせません。
人に勧められるままに「まおゆう」を読んでみました。

まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」 (1) (角川コミックスエース)まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」 (1) (角川コミックスエース)
(2011/08/25)
石田 あきら

商品詳細を見る

まだ途中ですが、おもしろいですね。
天然ボケな魔王と超鈍感ヘタレ(漫画一巻を読んだ感想)の勇者が可愛い。
小説の方もじっくり読んでいこうと思ってますが、まずはその前に脳内変換スタートです。

***

勇者を待つ魔王(澪)
魔王のお世話役であるメイド(ムギ)
勇者(律)
魔法使い(唯)
賢者(梓)

何百年と勇者が来るのを待っているようで、待っていなかった不死の魔王(澪)。
なぜかと言うと、勇者が来たら対決するか結婚しなければいけない決まりだから。

「人」見知りの魔王は、勇者なんか来て欲しくないと望みつつも、何の変化もない長い日々に少々飽きていました。それでもやっぱり勇者なんか来たら怖いから、このままでいいかもな。
…と、思っていたのにとうとう来襲。
だけど男の勇者とばかり思っていたのに、来たのは若き女の勇者。

魔王(澪)「え、お前が勇者?」
勇者(律)「そうだ、尋常に勝負しろ、魔王!」
メイド(ムギ)「…まあ、ドラク○4でも、男か女か選んでゲーム出来ますから」
魔法(澪)「何の話だ!」

とまあ、最初は出会いはこんなのでしたが。
「人」である勇者を警戒していた魔王も、根が単純で優しい勇者と段々と心開いていく。

魔王(澪)「この我のものとなれ、勇者よ」
勇者(律)「断る!」

最初はきっぱり断った勇者。
だが魔王が悪い奴ではないと理解すると、戦う意欲を失ってしまいしばし魔王城に滞在。
魔王の結婚云々のしきたりを聞いて、やや戸惑いつつも、最後には承諾してしまう。

勇者(律)「私は永遠にお前のものだよ」
魔法(澪)「わ、私も」
勇者(律)「違う。お前は私が生きている間だけ…私のものだ」
魔法(澪)「え…?」
勇者(律)「私が死んだら、お前は自由だ」
魔法(澪)「な、何を言って」
勇者(律)「私は未来永劫お前のものだけれど。お前は違う、私の死後は誰か別の…長い刻をずっと側に居てくれる相手を選ぶんだ」

それを忘れるな!じゃ、行ってくる!
そう言って律はくるりと背を向けて、走り出した。

「バカ律!何を、何を言ってんだ!」
「魔王様…」
泣きながら勇者に向けて叫ぶ魔王の肩に手を当て、心配そうに主を見つめるメイド。
不死の自分と命に限りがある勇者。確かにいつかは別れの刻が来る、それでも…。

「私だって永劫にお前の物なんだぞ!バカ、バカ律!」

だがそんな魔王の声に背を向けながら、勇者はそのまま旅立っていった。
今は勇者としてではなく魔王の代理人、魔界の執政官として新たな戦いに向かって。

***

…みたいなのが頭に浮かんだので、そのまま書いてみました。

「まおゆう」読んでない方は意味不明だと思います、すいません。
魔王が勇者との対決はともかく、結婚云々は原作ではありません。アシカラズ
あ、魔法使いと賢者書き忘れてた…。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。