スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイハイ【14】 - あとがき -

Category : スカイハイ【14】
以前からは想像できない澪ちゃんの積極的な行動。
それにはただ驚くばかりの律ちゃん。

でも澪ちゃんがここまでしてくれた以上、律ちゃんだってね。
そうそうヘタレてばかりはおれんのです。

無事に元鞘に戻る事が出来た!…と思ったのに。
早くも澪ちゃんを怒らせちゃった律ちゃんですw。

二人はちゃんと元鞘に戻っているのか?
二人の今後は如何に?
それは次回の終章で。それでは、またー。

「スカイハイ【14】」を読んで頂きありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

スカイハイ【14】 - 11 -

Category : スカイハイ【14】
皆が屋上から出て行くのを横目に、なんとなく取り残された感のある私と澪。
二人の間に微妙な静けさが漂ってます。はい。

「あー、澪。私たちも戻ろうか」
背中に冷や汗掻きつつ、この場を早く逃げたい気分でそう言ってみる。
しかし澪は顔を俯かせたまま、じっと無言で立ったままだ。…怖い。

「み、澪さん」
再度私が呼びかけると、澪はパッと顔を上げた。
「田井中さん」
そのままにっこりと笑いながら、私の名前ではなく苗字を口にする。
「え?あ、はい?」
あ、あの、なぜ名前じゃなくて苗字なんですか、秋山さん。
「これからは新マネージャーとして、仕事も私生活もしーーーーーっかり監視させて頂きますから、そのつもりでよろしくお願いしますね」
そう言った澪の顔は笑っているんだけど、なんだかものすごく怖い。

「は、は、はぃぃぃ」
「さわ子先輩からも再三言われてるんですけど、バンドにとって今が大事な時期ですからね」
変な噂立てられたりしないように、イメージが悪くないようにしないと…。
いまだ呆然と立ちすくむ私に置いて、澪はブツブツと何か呟きながらドアを方へと向かう。
「み、澪」
「さっさと行きますよ」
私の方を振り返りもせずに、さっさと歩きだす澪。
その背中には怒りのオーラが見えなくもないというか。

「いやいや、澪さん。さ、さっきのは誤解だよ」
そりゃ、ちょっとは飲んでたりしたけど、でも仕事は真面目にしてるし、それにさ。
いやそりゃ悪かったかもしんない。いや、悪いですね。すいません。
でもでもですね、私は澪にフラれたと思っていたし、だからもう無理だと思ってた訳で。
それでその…あの、聞いてます?
必死に延々と言い訳?する私。

「澪、あの、ごめんていうか、いや」
さっきまでスタスタと姿勢よろしく歩いていた澪が、不意に足を止めた。
「律の…バカ」
そのまま振り向きもせずにポツリとそう言うと、澪はまたスタスタと歩きだした。

あー、なんだか久々に聞いたなぁ、それ。
私は妙な懐かしさを感じ、なぜかちょっと嬉しい気持ちになっている間にも、澪はどんどん歩いて行ってしまう。
「あ、澪。ちょっと待って。謝ります、これから真面目になります、だからちょっと話を…」

ああ、これからはまた澪とずっと一緒にいれるんだ!

どうやったら澪の機嫌を直せるか、それをひたすら考えながらも。
私はこれからの生活を考えるとどうにも踊り出したくなるよう気持ちを必死に抑えながら、慌てて未来のマネージャーの後ろ姿を追いかけた。

To be continued…

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

スカイハイ【14】 - 10 -

Category : スカイハイ【14】
「でも仕事に支障をきたすような真似したら、わかってるでしょうねー」
澪を含む私たちバンドメンバー全員に、睨みを利かせながらそう言うのも忘れない。
うん、前言撤回。結構厳しい一面もある教師になるかも。

「ま、どうせ駄目だっていっても、好きなもんはしょうがないでしょ」
そう言って笑うさわちゃん。
時に緩かったり、時に厳しかったりしても。
さわちゃんはきっと生徒に好かれる先生になっていると思う。

「澪、これからよろしくな」
「律」
「改めて、私たちもよろしくお願いしますね」とムギ。
「お願いしまーす」とは唯。
「是非律さんの私生活をしっかり監視してくださいね、お願いします」
余計なひと言を付け足す梓。
「こ、こちらこそよろしくお願い致します!」
生真面目にそう言って深く頭を下げる澪。
ああ、夢じゃない。本当に今、彼女が私の側に居る。
なんだかようやく実感できた気がする。
もうどうしようもなく嬉しくて仕方ない。なんだか叫びたいくらだ!
ハレルヤー!

「やれやれ。大変かもしれないけど、まあ、これはこれで…」
少しは律ちゃんの素行も収まるかもしれないし、いいとしましょうか。
そうしみじみとした口調でさわちゃんが言った瞬間、まだお辞儀したままだった澪の頭がスッと上がった。
「あの、律、いえ、田井中さんの素行て、なんですか?」
一応会社内だという事を思い出したのかな。
澪ってば急にそんな固い口調になっちゃてー…とか言ってる場合じゃない!
「ああ、それはね…」
「さー、さわちゃん!そろそろ仕事に戻らないとなぁ!ほら、皆も!」
私は話を遮るように大声でそう言うと、全員を屋上から出るように促がした。

「いや、なんだか今日はすごく仕事がしたい気分だよ、よーし、頑張る…」
「律さん、お仕事の時は真面目なんだけど、それ以外はだらしなくて」
ちょっと梓さん。流れを読んでくれないかな。
「ライブ終わった後はいっつも、飲みに行っちゃって。その後はどこで何してるか、さっぱり」
片手を頬に当てて、少し困ったような様子を見せるムギ。おいおい。
「それで家にも帰ってない事多いんだよね。で、たまーに連絡取れないの。でも最近はそれも少なくなってたんだけど。あ、でも昨日はきっとこの前知り合った子がいて、たぶんその子の…」
「ゆーいー!!!」
さすがにそれは駄目、止めて、勘弁して。反省してる、て言ったろ!

「とにかく軽いというか、なんというか。まぁ、仕事に関しては真面目だから大目に見てたけど、それもちょっと、ね。ま、でも本命の彼女が出来たなら、律ちゃんも落ち着くでしょ」
だから秋山さん、よろしくね。
そう言うと、さわちゃんは「さぁー仕事、仕事」と言って屋上から出て行った。

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

スカイハイ【14】 - 09 -

Category : スカイハイ【14】
「え、どういう事?」
「いや、ちょっと唯は黙ってて。そうじゃなくて、つもり私と澪は」
「澪?もう呼び捨てですか。あいからず軽いですねぇ」
「あらあら、もう、律ちゃんてば手が早いんだから」
咎めるような視線を向ける梓と、どこか楽しげな様子のムギ。
「いや、だから、さ」

ちょっと話聞けー!

***

「はー、つまりヨリが戻ったと」
東京来る前の、澪との関係を私が軽く説明すると、さわちゃんが少し溜息吐きながらそう言った。
ま、そうなのかな。う、なんかまだちょっと信じられない気分というか。
ちなみに私が説明している間、澪は真っ赤になってずっと俯いたままだ。

「ま、実を言うとさっき唯ちゃんから聞いて、大体わかってたんだけどね」
「え?なんだよ、それ」
唯を見ると、視線を逸らして口笛吹く振りなんてしてる。唯の奴。
「まあ、お互い好きだったんなら、問題はないですよね」
「とってもロマンチックね」
梓やムギの口調からは、私の元カノがマネージャーをする事に特に問題はないようだった。

「あるわよ、梓ちゃん。さっきも言ったけど、うちは社内恋愛禁止なの」
「あ、そうでしたね…」
そう答える梓の表情が、ちょっと暗い。
「そうよ。ん?どうしたの、梓ちゃん」
「あ、いえ別に」
「も、も、問題ないよね、あずにゃん。うん、全然」
梓と違って、動揺を隠しきれない唯。
ホント、さっきから泥船ばかり量産しているな、我が親友は。

「…ま、いいわ。とにかく当社は社内恋愛は禁止」
どこか教師の雰囲気を醸し出すように、ピシッとした感じでそう宣言するさわちゃん。
「ま、でもね。あくまで社内では、ね」
「へ?」と首を傾げる唯。
「だからー、社外の事までは私の管轄じゃないわけよ。仕事に支障をきたさなければ、別に私がどうこう口を挟むような事はしないわよ」
「さわちゃん」
寛大と言っていいその言葉に私は心から感謝しつつも、さわちゃんが教師だったらかなりいろんな面で、ゆるーい先生になっていたに違いない、とか思う私。

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

スカイハイ【14】 - 08 -

Category : スカイハイ【14】
「え?な、なんで?」
「だって、…は、恥ずかしいよ」
もじもじとした様子で、そんな事を言う澪しゃんに私はもう「もえもえきゅーん」です。
マジ心射抜かれましたー、て感じ。

「あはは。だいぶしっかりしてきたかと思ったけど。やっぱ澪は変わってないなー」
「う、うるさいな。それに他にもいろいろ…」
「なんだよ、他って」
「だって、もう二年もたつし、いきなり来たら迷惑かな、て。それに律に、その…」
「ん?何?」
「律モテるから、他にもういい人がいるかもしれないし、だから…」
きゃー、澪しゃん。そんな心配を。もう、りっちゃんマジやばいよ。

「何言ってんだよ、澪。さっきも言ったろ、ずっと好きだった、て」
澪の事は忘れた事なんてないよ。
私はありったけのイケメンボイスでそう言った。別にそれは嘘じゃないしね!
…でも東京に来てからの私生活に関しては、ちょっと黙っていよう。

「律…」
私の言葉に瞳を潤ませながら、嬉しそうな様子を見せる澪を見ていると、もうまずい。
「澪」
囁くように彼女の名前を呼びながら、さり気なく近づくとそっと彼女の肩に手を触れた。
「り、律」
「澪、好きだよ…」
何度言っても言い足りない。だから私はまた彼女に自分自身の嘘偽りのない気持ちを伝えながら、静かに彼女に近づいてそのまま…。

「はいはい、ストップー、そこまでよ!!」

あともう少しという処で思いもよらない静止の声に、私と澪は思わずパッと体を離してしまった。
ああ、あともうちょっとだったのに!

「二人とも、当社は原則社内恋愛は禁止よ」
そう言いながら黄門様の印籠よろしく、社則が書かれた手帳をかざすさわちゃん。
「え、あ、あの、す、すいません!」
「えー、そんな固い事言わないでよ、さわちゃん」
突然の上司の出現に慌てて頭を下げる澪と、良い処で邪魔されてちょっと不機嫌な私。

「黙りなさい、律ちゃん。入社初日の新入社員をさっそく毒牙にかけようとするなんて、労働基準局が許しても、私が許さないわよ」
「毒牙、て…」
誤解だよ、さわちゃん。
「あのさ、さわちゃん、私と澪は」
「さわちゃん。あのね、入社初日とかじゃなくて、彼女はもうとっくの昔に律ちゃんの毒牙を受けてて…」
もしかして助け船を出してくれているつもりかもしれないが、唯のそれは完全に泥船だ。

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。