スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいなづけ 最終章【Last2】 - あとがき -

Category : SS( いいなづけ 【Last-2】 )
最近律ちゃんとすっかりすれ違い気味。
今回も一緒に帰ってくることが出来ず、かなりおかんむりです。

そのせいかどうかはわかりませんが。
律ちゃんと会えなかった大学受験前の一時期を、夢で思いだす澪ちゃんでした。

気分を変えようと一人地元商店街を散策中。
その際にふと、以前梓ちゃんから聞いた話を思いだします。

次回は梓ちゃんが唯ちゃんと二人きりでいった温泉旅行の話。
お酒のんで不覚にも爆睡してしまった唯ちゃんの横で、梓ちゃんはどう思っていたのか。
そこらへんを澪ちゃんが唯ちゃんの代わりに聞いちゃいます。ではー。

いいなづけ 大学生 秋山澪の場合【Last2】」読んで頂きありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

いいなづけ -09- 大学生 秋山澪の場合【Last2】

Category : SS( いいなづけ 【Last-2】 )
「喧嘩したわけじゃないですけど…」
「梓、話してみなよ。少しは気が楽になるかもしれないだろう」
「はぁ…」
梓はしばらく考えていたようだけど、結局「じゃあ…」と言って話を切り出した。

***

その時の梓の話というのは今年の春、私たちが卒業した後で唯と二人で行った温泉旅行に行った時の話…だったんだけど。
「というわけで、唯先輩そのまま…」
頬を僅かに紅くさせながら、少し真剣な表情で話す梓。

そんな後輩を目の前にしながら、私ときたら梓の話の内容を聞いて彼女以上に頬を紅く染めることになるとは、その時はまったく予想だにしていませんでした…。

To be continued…

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

いいなづけ -08- 大学生 秋山澪の場合【Last2】

Category : SS( いいなづけ 【Last-2】 )
「…あ、梓だって唯とラブラブなんだろう!」
そうだ、梓だって。
私ばかりからかわれるのは癪だとばかりに、反撃に出てみる。

「え?」
「付き合ってすぐに二人だけで、お、温泉行ったりしてるじゃないか」
そう。唯と梓は卒業前に、梓が唯に告白して見事それが成就して。
晴れて二人が恋人同士になった事を、私は唯本人から聞いていた。
「お付き合いがスタートしたばかりなのにさ」
唯の卒業後、私たちと同じように二人きりで旅行に行った事も、もちろん知っている。
偶然だけど同じ日に、私も律と二人で温泉に行ったんだけどね。

私はまあ半分照れ隠しのつもりで、そう梓に言ってんだけど。
なぜか梓は「温泉」と私が言った瞬間、ジュースが入った紙コップをを持つ手に力を込めたのか、ベコッとコップのがへこむ音がした。そしてそのまま顔を俯かせたかと思うと、何やらブツブツと呟き始めた。

「…あれ、おい、梓?」
梓の様子が急におかしくなったので、私は少し焦りながら彼女に話かけてみる。
「だか……でも…ブツブツ」
あ、梓?ちょっと、戻ってこーい。
梓は私の視線に気づいて、ハッとした様子で顔を上げた。

「あ、す、すいません」
「い、いや、別にいいんだけど…」
頭を下げる梓に気にするな、という意味で軽く手を振る私。
二人して気を取り直すように、ストローを口にくわえ一旦ジュースを飲む。
梓はストローを口元から離すと、「はぁ」と一つ深い溜息を吐いた。

「…梓、唯と何かあった?」
「へ!?い、いえ何もありません、てゆうか何もなさすぎで…」
「は?」
口元に手を当てて、何か考え込む梓。
「梓、なんか悩み事があるなら、私で良ければ話を聞くよ」
あ、もちろん唯には内緒にしておくから、と付け足しておく。

「悩みというか・・・」
「唯と喧嘩した、とかじゃなさそうだけど」
まあ、そんな事になってたらきっとすぐにわかるはずだ。
寮で唯が大騒ぎするに違いないから、「あずにゃんと喧嘩しちゃったー」て泣きながら叫ぶに違いない。

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

いいなづけ -07- 大学生 秋山澪の場合【Last2】

Category : SS( いいなづけ 【Last-2】 )
「ふふ。やっぱり」
「…な、なんだよ。その、やっぱりって」
少しにやけた顔をしながらうんうんと頷く梓を見て、私は少し恥ずかしい気持ちになる。
「いえいえ。相変わらず仲がいいなぁーと思って」
「別に、たまたま家の用事が重なったから、一緒に帰ってきただけだよ」
「まあ、そういう事にしておきましょうか」
「こら」
私が冗談で怒ったフリをすると、梓は「すいません」と言ったものの、口元はどこか笑っていた。

それからしばらくお互いの近況を簡単に話し合った私たち。
久しぶりに会ったのに、このまま別れるのはもったいないのでちょっとお茶でも、という運びになった。立ち話もなんだからとばかりに、楽器屋を出て近くのファーストフード店に移動する。

私も梓も飲み物とポテトだけ買って空いている席に座ると、まずは梓から今の軽音部の話しを聞かせてもらった。なんせ私たちが卒業した時は、梓一人だけにしてしまった。
それがすごく心配だったんだけど。
でも梓は憂ちゃんや鈴木さんの協力を得て、ちゃんと部員を集めて軽音部を存続してくれた。

「えへへー、でも最近になってやっと練習出来てきたくらいですけど」
「それだけでも立派だよ」
梓なら間違いなく、秋の学祭までで新軽音部のライブを私たちに披露してくれるに違いない。
私はそう思うとライブが楽しみでしょうがない気分になってくる。

「いや本当によくやったよ、梓は。やっぱり律とは違うなー、頼れる部長って感じだよ」
今この場に居ない私の『いいなずけ』に、ちょっとばかり冗談交じりに憎まれ口を叩く。
「あはは、そんな事ないですよ。それに律先輩だっていざとなったら頼りになる人です」
「え、あ。…そ、そうかな」
梓の思ってもみなかった律の評価に、私は嬉しいのとなぜか少し恥ずかしい気分になって少しドモってしまう。

「あいかわらずですねー、澪先輩」
私のそんな様子を見ると、梓がクスクスと笑いながらそう言った。
「へ、何が?」
「律先輩とラブラブで」
「な!」
だって私がちょっと律先輩誉めたら、澪先輩すごく嬉しそうなんですもん。
梓がちょっとばかり冷やかし気味に笑ってそう言った。

「まあ、許婚同士ですからそれも当然ですね」
「そ、そんな事」
「ありますから」
私の動揺なんて気にも留めず、澄ました様子でジュースを飲む梓。

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

いいなづけ -06- 大学生 秋山澪の場合【Last2】

Category : SS( いいなづけ 【Last-2】 )
「まったくもう」
今朝の件でまだ気分が晴れない私は、大学の講義を終えた後すぐに戻った実家で、遅めの昼食を久しぶりにマ…お母さんと一緒に食べた後、気晴らしのつもりで地元の商店街を歩いていた。高校時代はしょっちゅう来ていたここは、今もそれ程変わりはない。

ぶらぶらと目的もなく歩く途中、いつも皆と入った楽器店の近くまで来た。
思った以上の安値で、唯がギターを購入したお店。
まあ、あれはムギのコネが利いたみたいなものだけど。
それ以外にも、私もよくここで弦やピックを買った馴染みのお店だった。

「懐かしいな」
それほど昔の事ではないけど、私は何となくそう思った。
前にここに来た時は確か、あ、そうだ。大学入ってすぐ、五月くらい。
今日と同じように、家に用事があって帰ってきたんだっけ。
その時はムギたちと遊ぶ約束してたから、すぐに寮に戻ったけど。

「…あ、そう言えば。その時梓と偶然ここで会ったんだったけ」
私はふと大学入学してからしばらくして、梓とここでばったり会った時の事を思い出した。
その時も今と同じ、家にちょっと用があってこっちに戻ってきていた時だった。
確かにあれは…うん、ゴールデンウィーク中だった。

あれから春も終わって夏も過ぎて、もう冬も近い。
うーん、時がたつのは早いなぁ、なんてしみじみ思う私。
あの時は律と一緒にこっちに帰ったんだっけ…。

***

「…あれ、梓?」
「え?…あ、澪先輩!?」
買い物ついでに、高校時代散々お世話になった楽器屋さんに顔を出してみると、そこでよく見知ったツインテールの可愛い後輩とばったり再会した。
「梓、久しぶりー」
「お久しぶりです、澪先輩!」
梓は私に気づくと、急ぎ足でこちらに駆け寄ってきた。

「うん、卒業旅行の後で一度皆と会って以来だったかな」
「そうですね。今日はお家の方に?」
「ああ、ちょっと用があって昨日から家に帰ってるんだ」
「そうですか。律先輩もですか」
「え?あ、うん。そうだけど」
大学寮から一緒に実家に帰ってきた私たちだったが、律は今日は親戚の家に行っている。

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。