スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あずにゃーん!ハピバ!!

Category : SS( あずにゃんハピバ! )
TVアニメ「けいおん!」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん!」イメージソング 中野梓TVアニメ「けいおん!」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん!」イメージソング 中野梓
(2009/08/26)
中野梓(竹達彩奈)

商品詳細を見る

梓、梓ちゃん、あずにゃーん!
お誕生日おめでとうーオオオオオ!!!!
今日はめでたいポッキーの日…ならぬ中野梓嬢のお誕生日ですね。
ハッピバースデー!あーずにゃん(by 唯)!

唯先輩を筆頭に、先輩たちに祝ってもらってね。
バースデーケーキは憂ちゃんに作ってもらうといいかも。

さて、せっかくのあずにゃんの誕生日なので。
唯x梓前提のお話を一つ、意外なご好評を頂けているあのジャンルで書いてみましたー。
もちろんいつものリラック○状態になって、30分くらいで書きました。
律澪正義当サイトの「唯x梓」前提のお話。
読んでやるぜーな御方は下記よりどんぞ。

***

「あーもー!誕生日プレゼント、何にしたらいいのかさっぱりわからねえ!」
部室で頭抱えて叫ぶ律。
「まーだ悩んでるの、律君」と唯。
「まあ、確かに難しい問題だね」と紬。
「いやー、ここは決め時だろ」
なんかアドバイスくれよー、と二人に泣きつく律。

片思い中の幼馴染の誕生日に、どんなプレゼントを渡せばいいのか。
軽音部部長は、数日前から結構悩んでいた。
「なんかもう、いろいろ考えすぎてわかんなくなってきたよ、俺」
「あはは。でもプレゼント一つでそんなに悩むなんて、恋愛って大変そうだなー」
僕はまだ、そーゆーの面倒だからいいかなー。
ちょっぴり肩をすくめた唯が、悩む律の姿を見てしみじみとそう言った。

「なんだよ、唯。健全な男子高校生らしからぬ発言だぞ、それ」
彼女とか欲しくないのか?と律が唯に尋ねる。
「うーん、どうだろ?…別に好きな子とかいないし。女の子は憂で充分かなー」
にっこり笑ってそう答えるのは、妹大好きシスコン兄貴。
「…おい」
「…それ、かなり問題発言だよ、唯君」
唯の言葉に、ちょっぴり引き気味の律と紬。

「別に変な意味じゃないよー。とにかく僕にはまだ恋愛とか、よくわからないんだよね」
だから律君見てると大変そうだなー、としか思えなくて。
そう言う唯の声は、ちょっと苦笑交じりだった。
「ちぇ、他人事だと思って。まあ、いいさ。いつか唯が俺に恋愛相談してきても、聞いてやんねえからな」
「まあまあ、律君。それよりプレゼントはどうする?」
紬は少し拗ねた感じの律を宥めて、最初の問題に話を戻す。

「そうだった!たく、女へのプレゼントって難しいよなー」
ちょっと照れくさいのか、ぶっきらぼうな言い方になる律。
「あはは。頑張ってねー、律君」
そんな律に、能天気な応援の言葉を掛ける唯。
「うるせー!」
「まあまあ」
なかなか考えがまとまらず、ちょっと焦り気味の律を宥める紬。
男子三人のみ(幽霊部員の先輩が一人居る)の軽音部では、今日もまともな練習はしそうになかった。

…それから十ヵ月後、季節は秋。
「わーん、律君!あずにゃんにどんなプレゼントを渡したら喜んでもらえるかなー!?」
「うっせー!そんなの自分で考えろー!」
「ひどいよ!一緒に考えてくれたっていいじゃん!」
「ひどいってお前。前に俺が悩んでた時のこと忘れた…」
「あー、なんかちっともいいのが思いつかない!」
律の言葉を遮って、唯は両手で頭を抑えながらそう叫んだ。

「女の子へのプレゼントなんて、今まで憂以外したことないからー」
「…シスコン」
「まあまあ、律君。唯君も落ち着いて」
以前と同じように、宥め役に回る紬。
「あー、もう本当にどうしよ!律君、紬君。なんか良きアドバイスプリーズ!」
唯は両手を合わせて、二人にお願いする。

「…こ、こいつ。俺のときは苦笑してただけのくせに…」
「ま、まあまあ。…そういえば律君は秋山さんに結局、何をプレゼントしたんだっけ?」
「へ?あ、いや、まあ、たいしたもんじゃあ…」
「何!何だったの、律君!教えてください!」
「いや、その、本当に大したもんじゃなくて…」
「とにかく何でもいいから教えてよ!参考にするから!」
彼女に渡す最初の誕生日プレゼントだから、思い出に残る物じゃないと!
そう言いながら律の肩を両手で掴んで、ぶんぶん上下に振る唯。

「うー、あずにゃん、大好きだー!」
テンションが上がってきたのか。
部室にはまだ来ていない後輩に、大声で好きだと叫ぶ先輩。
「お、落ち着け、唯」
「…プレゼントはもうその言葉でいいんじゃないかな、唯君?」

それなら彼女の思い出に、ばっちり残ると思うけど。

今だ律の肩を揺らす唯の姿を見ながら、紬はつくづくそう思っていた。

end

いまいち恋愛感情ってわからないなー。
…なんて思っていたのは、朴念仁なシスコン兄貴の唯君。
しかし春になって軽音部に入部した後輩の梓ちゃんにフォーリンラブ。
今じゃすっかり現役男子高校生らしくなってます。

ちなみに梓ちゃんはというと。
部室のドア前で唯の叫びを聞いてしまい、顔を真っ赤にして固まっています。
澪ちゃんが来るまで、ドア前に立ちすくむ梓ちゃん。

…唯x梓のお話になってるかな?慣れてないですから、こっちの方。
でもいいや、リハビリ、リハビリ。テヘヘッ(*゚ー゚)>
最近この文章↑を最後に書いておけば、何もかも許されるような気がします…。キノセイ?

とにかくあずにゃん、誕生日おめでとうー!!!
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

書き人知らず知らず

Author:書き人知らず知らず
ようこそお越しいただきました。
こちらはけいおん二次創作SSサイトです。

ジャンルは『けいおん!』律澪
律澪はジャスティス。
いい言葉ですね。

百合的要素を含みますので嫌いな方や都合の悪い方は見ないことをお勧めします。

当サイトはリンクフリーですのでリンクをしていただけると嬉しいです。相互リンクもよろしければ大希望です。

当サイトはまんがタイムきらら原作、アニメ「けいおん!」中心の非公式サイトです。
原作者様、出版会社様、制作会社様とは一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
けいおん時計
リンク
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。